Lifestyle Innovation | Soseki21

つぶやきのまとめ。とりとめのない思考を書き綴っています。

初音ミク、ヴォコーダー、メロトロン ―デジタルとアナログのはざまで。

アンドロイドと人間の指:Soseki21ブログ

 

最近、久し振りに初音ミクV4Xをいじって結構びっくりしています。何もパラメーターを変えなくても、それなりにいい。完成度高くなったなあ。ヴォコーダーやオート・チューンのように、にんげんの声を機械的な音声に変換するエフェクターがありましたが、その逆という印象。これは楽器のひとつです。

ちなみにヴォコーダーというのは、日本のアーティストでいうとYMOの「TECHNOPOLIS」の「TOKIO」みたいなマイクから入力した音声を鍵盤によって合成するもので、オート・チューンといえばPerfumeという印象ですが、中田ヤスタカ氏は『ポリリズム』のアルバムでは全曲オート・チューンを使いました。

それほど詳しくないので個人的な見解ですが、サンプラーのもとは1960年代のメロトロンという楽器だったのではないかと考えています。磁気テープに記録させるアナログ式のサンプラーで、印象に残っているのはThe Zombiesの「Care Of Cell 44」という曲のストリングスです。ちょっと幻想的。

人工知能(AI)やロボットに関しても同様だと思いますが、人間はどうも「テクノロジーによって機械を人間のようにできないか?」という夢というか、欲望があるような気がします。その一方でデジタルに対する嫌悪感というか「いや、人間の弾いた音楽が最高でしょう」というアナログ至上主義がある。

しかしながら、新井紀子氏の本などを読みながら考えたことは「人工知能には人工知能のよさがあり、人間には人間のよさがある」ということですね。もちろん人工知能によって仕事を奪われる人がいることは確かで、憂慮ならびに早急に対応すべきだと考えます。しかし、人間であることに自信を持っていい。

AIと人間が共存することは「ダイバーシティ(多様性の容認)」のひとつだと思います。別に闘う必要はないし、うまく手を組めばいい。りんなや初音ミクがどんなに歌がうまくなっても、女性ヴォーカリストやアイドルを脅かすものではない。同時に、ぼくはりんなや初音ミクの存在を認めます。

新井紀子氏と同様に、ぼくもVocaloidがどこまで歌えるのか究めてみたいと考えています。ただ、実際にジャズヴォーカリストのライブに行って、機械がホログラムの実体を持って歌っても、にんげんの歌はにんげんの歌であり、機械の歌は機械の歌だと思う。どちらに優劣があるという意味ではないのですが。

人工知能は「意味を理解できない」ことが弱点ということを知りましたが、人間だって他人の言葉の意味をきちんと理解できているか?といえばそんなことはない。特にそのことを新井紀子氏は憂慮されていて、読解力を重視した教育、つまり他者を理解する教育の必要性を説いているのだと思います。

そこで思い出したのは、かつてAI関連のイベントで東京大学の松尾豊氏が「東大生はコミュニケーション能力は低いが数学が得意。だからAI開発に向いている」とおっしゃっていたこと。数学に強い人間は、論理・確立・統計で構築されているAI分野では力を発揮すると思うのですが、ゆえにリスキーではなかろうか。

新井紀子氏によると、東ロボくんは東大入学はムリだとしてもMARCHレベルの大学なら入学可能とのことです。しかし、それは「入学できる」だけであって、合コンもできなければサークルで旅行に行くこともできない。友達もできないですよね。その「体験(Experience)」が、にんげんの大きな強みのはず。

機械はテクノロジーで波形を生み出して歌うことはできたとしても、身体を持たないので、その波形が歌っている自分の身体に与える喜びや感動を理解しない。ホログラムでステージに立っても会場の熱気を感じない。そのしあわせを体験できるヴォーカリストさんはいいなあ、と思いますよ。うん。

さて、と。初音ミクに打ち込みするかー(笑)そのあとはギターの練習だ。

 

+++++

 

参考1:YMOの「TECHNOPOLIS」。坂本龍一さんがマイクを通して使っているのがヴォコーダーです。この編成好きですね。高橋幸宏さんは生ドラムだし、細野晴臣さんはビザール系のベースを使われていますがダンエレクトロ製?でもやっぱりTOKIOヴォコーダーがいい。

 


technopolis - ymo (12/08/12)

 

参考2:Perfumeの『ポリリズム』のCDに収録された「SEVENTH HEAVEN 」。オート・チューンというと、もっと若い方にはセカオワSEKAI NO OWARI)のほうが馴染みがあるかも。一時期あらゆる曲がオート・チューンでケロケロしてましたが(苦笑)最近ではなくなりましたね。


Perfume - SEVENTH HEAVEN - ☆☆☆

 

参考3:The Zombiesの「Care Of Cell 44」。実は社会人バンドで先輩から教えていただいたバンドで、コピーしたことがあります。『Odessey & Oracle』という名盤ではメロトロン使いまくりです。この曲のストリングスがメロトロン。予算がなかったから使ったという説もあり。


The Zombies - Care Of Cell 44 (Lyric Video)

 


AIりんな / 最高新記憶 (Music Video)

 

www.rinna.jp

初音ミク V4X バンドル
 
AI vs. 教科書が読めない子どもたち
 
人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)
 

 

恥ずかしながら、初音ミクV4Xを使った自作曲。


Birds & Leaves 「木漏れ日のコラージュ」