Lifestyle Innovation | Soseki21

つぶやきのまとめ。とりとめのない思考を書き綴っています。

思考

インプット/アウトプット思考をやめることにした。

昨日、朝起きたらなんだか静かだな、雨のせいかな?と思ったのですが、どうも左耳から「しーん」という音が聞こえる。ちょっと痛い。どうやら中耳炎になったようでした。しかし、ツイッターで優しい言葉をかけていただき、バファリン飲んで保冷剤で冷やして…

自分事より他人事を書きたい。

「自分事より他人事を書けるにんげんになりたい」と考えました。ということを書いている時点で既にアウトなのですが(苦笑)、自分を切り売りするブロガーさんがカリスマになって以降、SNSは自分を晒す場所だと考えているひとが多いのではないでしょうか。自…

小さな工夫の積み重ねがイノベーションになる。

昨日、Amazonから河野英太郎著『本当は大切なのに誰も教えてくれないVUCA時代の仕事の基本』が届きました。とても分かりやすい。まず読み始めて重要だと思ったのは「イノベーションは、小さな工夫の積み重ねから生まれる」ということです。奇抜な発想で、ど…

待つものは変われる。

にんげんは多様であるがゆえに、好き嫌い、価値観、善悪の判断はまったく違います。そして、リツイーター(ただポチるだけで自分の意見を述べない人間)になってしまうと、そのツイートを拡散した先のにんげんがどう思うかを「想像」せずにあらゆるものをバ…

『頭がよくなる思考術』白取春彦

白取春彦著『頭がよくなる思考術』読了。素晴らしい本。各見出しの終盤近辺に、必ずぐさりと刺さる鋭い文章が配置されている。ほとんど引用はない。哲学を基盤に、みずから考え抜いた言葉=思考がたまらない。結局、全ページに付箋が立ち、2度読み直した。何…

「怒り」の処方箋。

高圧的なメッセージを送ってくる、段取りが悪い、情報を共有しないおばちゃんがいて朝からイラッとしたのですが、くだらんことで機嫌を損ねても、それこそくだらないのでコーヒーを飲んで気分転換中。天気は悪いのですが、上機嫌でまいりましょう。 アイロン…

「とりあえず」をやめてみる。

「総表現社会」ということを言ったのは梅田望夫さんだったと記憶していますが、いま文章や音楽や映像など、テクノロジーのチカラを借りて誰もが表現を簡単に手掛けられるようになりました。とはいえプロになるのは、また別問題だと思うのですが。 かつては作…

れいわはよいわ。そして、言葉のチカラ。

新元号「令和(れいわ)」が発表されました。最初違和感がありましたが、何度か言葉にしているうちに「よいかもしれない」と思いました。中国の古典ではなく万葉集から採用されたことも個人的には評価しています。中国の古典を否定するわけではありませんが…

こころが動くときには。

こころが「動く」と不安になるものです。しかし、ぼくの場合、そんなときは「あらゆるものは動く」と考えるようにしています。動くというよりも「変化する」だと思いますが、変わらないものは何もない。みんな動く。変化の真っただなかにいると慣れてしまっ…

「ワクワク」を疑え。

「ワクワクする」というキーワードが一時バズっていて、誰もがワクワク、ワクワクしており、自分もまたワクワクしたいものであるな、と思っていたのですが、ふと考えると「何にワクワクするかについては、人によって異なるのではなかろうか?」と。炎上やゴ…

関わらないことが「やさしさ」か? 人間は無意識でも誰かを傷つける。

ツイッターで「相手を不快にするかもしれないからコメントやリプライをしない」という意見が流れてきて読みました。最近の若い世代は、そんな風にSNSに慎重なようです。よいことかもしれない。しかしだな。自虐的なつぶやきを、ふぁぼやリツイートされるだけ…

個人を、企業を、輝かせる仕事をしたい。

いま複数の方々を取材する仕事をいただいています。これがとても楽しい。ありがたいことです。仕事をいただいたことに感謝の気持ちが尽きません。どんな方も「物語」や「詩」を生きていて、うまくその本質を掘り起こすことができると、みなさん最高の笑顔に…

アップデートってなんだ? それよりデートしたいのですが。

すみません。タイトルは意味ナッシングであります。 「音楽をアップデートする」という言葉がTwitterのタイムラインに流れてきたのですが、よく分からんな、というか意味ないんじゃね?と思いました。この「◯◯をアップデートする」というのは何にでも使える…

音楽と、職業と、行動すること。

Ryu Mihoさんの村本建設イメージソング「愛から始めよう」。感動しました。社員の方々と一緒にスタジオで歌っている映像も素晴らしいと思いました。コーラスを担当された社員のみなさんは、貴重な体験をされたのではないでしょうか。作詞が売野雅勇氏という…

しあわせになりましょう(星の降る夜に)。

しあわせは「相対的なものではなく絶対的あるいは主観的なものである」と。当たり前のことかもしれませんが、ぼくらは(というよりも、ぼくは)時々勘違いをして、しあわせを他人と比較したり、社会のモノサシで測ったりします。星や点数をつけることもある…

創造性について。

創造性について。と書いたのですがたいそうなものではなく、そもそも何かを創りたい願望は、目立ちたいとかモテたいとか、その程度が原動力ではないかと思います。高尚な何かをめざしているひともいるかもしれませんが、ぼくにはよく分からん。というのは抽…

アレかコレか、あるいはアレもコレもか。

アレをしながらコレもしなきゃと考えると、アレもコレも落ち着いてできなくなるので、コレをするときにはコレに集中したほうがいいですね。ただ、アレとコレをスイッチングして(切り替えて)集中できると面白い。同時に考えたりやろうとしたりするのはムリ…