Lifestyle Innovation | Soseki21

つぶやきのまとめ。とりとめのない思考を書き綴っています。

音楽

なくしてしまった「カポ」の替わりに。

カポタスト(ギターの調を変えるやつ)がどこかへいってしまってみつからないので、Amazonで安価かつ高評価のものを購入しました。これは握力トレーニングにも使える(笑)とはいえ、ぼくの持っていたカポは福山雅治さんが使っているというSHUBB C-1だったの…

権利を悪用して弱者をイビる(Evil)のは正義か?

憤りを通り越して笑ってしまったのですが、JASRACが主婦を騙って2年間音楽教室に通い、著作権料を徴収する裁判の潜入調査をしていたとのこと。温泉で「入れ墨お断り」のように「JASRACお断り」という音楽教室やライブハウスが増えたりして(笑)権利と金に狂…

音楽は金と名声を得るための手段なのか?

『マイクロモノづくりはじめよう』という2013年発行の本を入手して読んだのですが、そこにグレイトフル・デッドの話が書かれていて懐かしく感じました。マーケティング業界の方なら知っていて当然だと思うのですが、グレイトフル・デッドはレコードをつくら…

「アーティストは褒め称えるが引用はやめよう、自作曲を歌おう」キャンペーン。

先日、ツイキャスで弾き語りをしたのですが、いま個人的にあるキャンペーンを行っています。題して「アーティストは褒め称えるけど歌詞を引用するのはやめよう。“歌ってみた”はやめて、自作曲を歌おう!」キャンペーンです。なぜそんなことをするかといえば…

インプット/アウトプット思考をやめることにした。

昨日、朝起きたらなんだか静かだな、雨のせいかな?と思ったのですが、どうも左耳から「しーん」という音が聞こえる。ちょっと痛い。どうやら中耳炎になったようでした。しかし、ツイッターで優しい言葉をかけていただき、バファリン飲んで保冷剤で冷やして…

素敵じゃないか。

物語を作ることができるひとはスゴイと思いました。いま積読本消化月間として読みかけの本を読んでいますが、いつ買ったんだっけ?と思い出すこともできない原田マハさんの短編小説集『独立記念日』がよいです。女性を主人公にした連載だったそうで、涙もろ…

【自作曲+詩&映像】よるのあめ

雨降りの日が続きましたが、本日のトーキョーはとてもよい天気です。 雨降りが続いたあとでカラっと晴れると「はぁ~れるや♪」と歌い出したくなりませんか。ぼくだけですかそうですか(苦笑)。 こんなに晴れている日に雨に関する曲をご紹介するのもいかがな…

初音ミク、ヴォコーダー、メロトロン ―デジタルとアナログのはざまで。

最近、久し振りに初音ミクV4Xをいじって結構びっくりしています。何もパラメーターを変えなくても、それなりにいい。完成度高くなったなあ。ヴォコーダーやオート・チューンのように、にんげんの声を機械的な音声に変換するエフェクターがありましたが、その…

Ryu Miho「Land of All」@神楽坂TheGREE 。

「とのちゃんには合うかどうか分からないけど、これ聴いてみれば」 そうフェイスブックで大学時代の友人に紹介された女性ジャズ・ヴォーカリストのアルバムが、Ryu Mihoさんの「Call Me」でした。 その友人は朝の通勤時にクルマの中でよく聴くと言っていた気…

TBS「三島由紀夫 VS 東大全共闘」に学ぶ討論とパフォーマンス。

昨夜、夕食をとりながらTBSの「三島由紀夫vs東大全共闘 “伝説の討論会”から50年」を2回も観てしまいました。いい討論だな、と。ジョークを交えたりしつつ、カタカナ語や著名人の引用もせず、自分の意見を堂々と述べる。相手の立場も尊重する。三島の笑顔…

色彩感覚と距離、センス、デザインの総合的な考察。

マイクロソフト社のOffice関連の新しいアイコン、個人的にはいい感じだと思いました。全体的にちいさくなり、頭文字も控えめなのですが、逆にAdobe系と差がついて分かりやすい。あと、ExcelやWordのグラデーションもきれいです。過去のソフトウェアのカラー…

地方創生とアイドルのマーケティング。

NGT48の山口真帆さんの騒動が大きく報じられ、グループが存続か解散かで大きく揺れているようです。真偽は分かりかねることを前提として「新潟の副知事は金もらってない?」「県庁に電通が入っている」というツイートが流れてきて、なるほど新潟はそうなのか…

「とりあえず」をやめてみる。

「総表現社会」ということを言ったのは梅田望夫さんだったと記憶していますが、いま文章や音楽や映像など、テクノロジーのチカラを借りて誰もが表現を簡単に手掛けられるようになりました。とはいえプロになるのは、また別問題だと思うのですが。 かつては作…

創造的な生活を生きる。

ジュゼッペ・トルナトーレ監督が好きで、どの作品もよいけれど『海の上のピアニスト』はお気に入りのひとつ。一度も陸地に降りることなく船で育った孤児のピアニストである主人公「1900」は、乗客個々のイメージから即興で音楽を作ります。そういうことがで…

時間上手の第一歩。

大学時代の恩師の最終講義に時間を調整してなんとかして出席したい、と先輩に伝えたところ「自分は時間を調整できる仕事じゃないからなあ。うーむ」と困惑されてしまい、はっと気付きました。ふつうに仕事をしている場合、時間は簡単に調整できません。もは…

東京の溜息。

ウィスパーヴォイスが好きなのですが「東京の溜息」と呼ばれるRyu Mihoさんの4枚目のアルバム『Call me』をゲットしました。いやー日々の疲れが癒やされたなあ。個人的には4曲目「The nearness of you」から5曲目「Fly me to the moon」の流れが好きです。ギ…

個人的体験と創作。

先日録画したツイキャスの弾き語り動画を観ながら、ひとり反省会をしたのですが、ちいさな声で呟いておきます。「きみの未来を壊してしまう」という歌詞があるのですが、実は遠い昔、大好きだった女の子に自分のエゴから無理を要求して「私の未来を壊さない…

音楽と、職業と、行動すること。

Ryu Mihoさんの村本建設イメージソング「愛から始めよう」。感動しました。社員の方々と一緒にスタジオで歌っている映像も素晴らしいと思いました。コーラスを担当された社員のみなさんは、貴重な体験をされたのではないでしょうか。作詞が売野雅勇氏という…

しあわせになりましょう(星の降る夜に)。

しあわせは「相対的なものではなく絶対的あるいは主観的なものである」と。当たり前のことかもしれませんが、ぼくらは(というよりも、ぼくは)時々勘違いをして、しあわせを他人と比較したり、社会のモノサシで測ったりします。星や点数をつけることもある…

創造性について。

創造性について。と書いたのですがたいそうなものではなく、そもそも何かを創りたい願望は、目立ちたいとかモテたいとか、その程度が原動力ではないかと思います。高尚な何かをめざしているひともいるかもしれませんが、ぼくにはよく分からん。というのは抽…

ブログ掌編小説#01 グリーン・グリーン

ある朝、ぼくが目覚めるとママがいなかった。 真冬のような雨降りの朝で、リビングのテレビが選挙のニュースといっしょに、46年振りの寒さであることを告げていた。 ミサイルが炎とともに発射されたり、火山が噴火したりする映像じゃなかったので、少しだけ…

手紙がつなぎ、手紙からはじまる物語。

もらっていちばん嬉しいメールは何ですか? 仕事の忙しさをねぎらうメールでしょうか。誕生日などの記念日のお祝いでしょうか。 ぼくがもらっていちばん嬉しいメールは、添付ファイルに手書きのメッセージ写真付きのメールです。「そんなもの郵便で出せばい…

アレかコレか、あるいはアレもコレもか。

アレをしながらコレもしなきゃと考えると、アレもコレも落ち着いてできなくなるので、コレをするときにはコレに集中したほうがいいですね。ただ、アレとコレをスイッチングして(切り替えて)集中できると面白い。同時に考えたりやろうとしたりするのはムリ…

小沢健二さんは音楽を生きている、おそらく。

小沢健二さんが活動を再開しました。 Mステも見なかったし「流動体について」も聴いていませんが、20年あまり沈黙していたにも関わらず、オリコンTOP10入りの快挙。愛されているなあと感じました。かっこいいよね。そりゃ王子様もおじさんになるさ。文字で埋…