Lifestyle Innovation | Soseki21

つぶやきのまとめ。とりとめのない思考を書き綴っています。

ライフ・イズ・サイクリングのすすめ。

はじめて自転車に乗った日のことを覚えているでしょうか。自転車があればどこにでも行ける。そんな爽快な気分とともに、世界がどこまでも拡がったはず。 ある日、近所の公園に行ってみると、ちいさなオレンジの自転車が木陰に置かれていました。名前が書かれ…

パンがなければお菓子を食べれば?とマリイは言った。

人間の記憶は曖昧なものです。 記憶はパソコンのディスクに保存されたデータのように確実なアーカイブではなく、いくらでも書き換えられます。人間にとって過去の記憶は、自分なりに解釈して創作や脚色が可能。また、苦しかったり辛かったりする記憶は残りや…

de:code 2020 基調講演から考えるイベントのニューノーマル。

「de:code 2020」はマイクロソフト社のイベントです。開発者を中心にIT関連の仕事に携わる方々を対象としています。 昨年はザ・プリンス パークタワー東京(港区芝公園)で開催されましたが、今年はCOVID-19の影響もあって、急遽オンライン・イベントになり…

『アップロード』を観てリアリティについて考えた。

リアリティ(現実感)って何だろう、と考えるようになりました。というのは、COVID-19によって、世界がSF映画のように変わってしまったからです。 そもそも現在は21世紀。ビフォアコロナの世界ではVR*1の技術によって、Oculusなどのゴーグルで再現する仮想現…

村上春樹さんの『猫を棄てる』を読んで、もやもやしたこと。

近所の本屋が全滅してしまったので、ほとんどの書籍をAmazonで購入しています。しかし、自粛期間ということもあってAmazonで購入することを控えていました。 自粛だからこそ読書という考え方もあるかもしれませんが、書店に行くのであればともかく、配達する…

小説を書いたので「縦書き」のサブブログを作ってみた。

人間は見た目に左右されがちです。もちろん人間性や内面の美しさを重視すべきですが、多くの人間はファーストインプレッションで他人を判断します。だから、美しい、かっこいい、好感触のほうが一般的に得する傾向にある。 しかし見た目のよしあしは、普遍的…

なぜ、SNSで「嫌なこと」が起こるのか。

初めてインターネット上に何かを書き残した日を覚えていますか。 ぼくは覚えています。2006年でした。数行の投稿にも関わらず膨大な時間をかけて書いて、おそるおそる公開のボタンを押しました。 そのとき「扉(というか、マウスのボタンなのだが)を押した…

小説を書いてみようと思った。なので書いてみた。

このブログでは「ノード」というネットワークの用語と、易経の陰陽による世界観を使って物語の構造について考察してきたのですが、最終的には漱石の『文学論』のような位置づけにするつもりでした。つまり理論編を構築した上で、実践編として「小説を書く」…

ぶっ倒れて鑑賞した映画/ドラマ/アニメから考察した。

ストレスからぶっ倒れて救急車に乗り、日々痛みの渦のなかにいたのですが落ち着いてきました。 パソコンの画面が網膜に焼き付いてしまうので、長時間パソコンに向かうことができず、仕事モードで頭を駆使するとずきずき頭痛がして、全身に針のようなちくちく…

本棚の地層から発掘した本、発掘した過去。

いま自室は本棚から本が溢れて床に蓄積されています。ときどきまとめて50冊単位で売り払っていますが、それでも部屋を埋め尽くしつつあり、どうしたものか、と困った状態です。 物理的に場所を専有することも問題ですが、さらに問題は「あっ、これはあの本に…

「自粛」とは何だったか、アフターコロナで大切なこと。

日本では、おとといの月曜日にCOVID-19の緊急事態宣言が全国的に解除されました。安堵すると同時に、実は「ここからが耐えどころだ」と考えています。 というのは、これまでは緊張感を持って我慢していたのですが、ここでテンションが緩むことによって蓄積さ…

線的(リニア)に展開する物語/音楽/映像。

COVID-19により自粛が余儀なくされている現在、時間感覚が研ぎ澄まされた気がしています。時間の流れをゆるやかに感じることがあれば、え?もうこんな時間?と驚きます。あっという間に、一週間が過ぎてしまう。 もともと自宅勤務だった自分は何も変わらない…

「TIFFANY」ルール、書き続けるためのブログ論

ブログは書くことの実験の場であると、ぼくは考えます。 実験の場であるからこそ、丁寧な挨拶からはじめてもいきなり本題から入っても構わない。改行して短文を連ねても、ブロックで長文を書いても問題ありません。ルールや作法というものはあるようでないも…

ノードで考える物語の構造分析。

雷鳴が激しく轟いた東京の夜。ゴールデンウィークの終わりは、雨と雷鳴で締めくくられました。 ただ少年時代に生録(レコーダーを持って自然の音や街の音などを録音に出かけること)に憧れていた自分は「この音を録音しておきたい」という気持ちになり、ZOOM…

村上春樹さんの小説と、ハードボイルドな言説。

読書家にとって好きな作家あるいは小説などを推薦することは、嗜好やこだわりを提示する上で重要です。「名刺がわり」に、自分の好きな作家もしくは作品を推す場合、キュレーション(美術館などで展示作品を選ぶこと)のセンスが求められます。 しかし、読書…

英語で挨拶をつぶやく、ツイッターを活用した学習法。

ゴールデンウィークがはじまりましたが、外出を自粛しています。昨日は「昭和の日」で祝日でした。東京では爽やかな青空が拡がって、昼間は少し暑かった。青空の祝日は、どこか穏やかな気分になるのでいい。 ■ ところで、毎朝ツイッターを使って、「おはよう…

生活に紛れたダイヤモンド、をリメイク中。

洗濯物を干すときに欠かせないのがradikoで聴くJ-WAVEです。 コロちゃん以前からリモートワークの自分としては、おうちで仕事が基本。しかし、徹夜などの無理をすると、疲労が数日のあいだ残る年齢になってしまいました。机上のパソコンの画面ばかり見ている…

「はてなが大嫌いだ」と言われたら、どう思いますか?

東京は雨模様の日々が続きましたが、今朝は雲が多いけれど、よい天気でした。太陽のひかりが眩しい。植物ではないけれど、光合成して元気になりそうだ。相変わらずCOVID-19で世界全体が曇りがちです。けれども、おうち(Inside)は快晴でありたい。 30分とい…

いま、グローバルであること。

昨日の朝、東京では大荒れでした。とにかく雨が降った。 洗濯物を干しながら、J-WAVEのウェザーインフォメーションを聴いていたところ「東京は夕方にかけて豪雨のピークを迎え、バケツをひっくり返したような雨が降るでしょう。道路は川のようになるので、ご…

星野源さんの「うちで踊ろう」、初音ミクで踊ってみた。

さくらの季節はあっという間に過ぎ去って、寒かったり暖かかったり、日々めまぐるしく天候が変わります。みなさま、ご自愛くださいませ。 COIVD0-19(新型コロナウィルス)に関する情報もまたコロコロ(コロちゃんだけに)変転している現在。この話題につい…

緊急事態宣言が出たので、最近観た映画5本を振り返った。

今宵の満月は「ピンクムーン(ももいろ月)」だそうです。セーラームーンじゃないよ。といっても、ぼくはセーラームーンのことをよく知りません。男子だからな。「薪をつかって箸置きよ」みたいな台詞があったような、ないような。まあいいか。 アメリカの先…

いまさら『君の膵臓をたべたい』で号泣、村上春樹さん、小説について考えた。

いまコロちゃんのおかげで東京は外出自粛。そして雨が降っています。 気がつけばこのあいだ満開だったサクラは既に葉桜になりかけていて、季節がどんどん移ろっていく。来年のサクラはゆっくり眺められるといいですね。でも、来年のことなんて誰にも分からな…

インタビューの醍醐味は「意外性」の発見だと思う。

嘉島唯さんが書かれたnoteの坂本龍一さんのインタビュー、面白いと思いました。個性など自分にはなくて、退屈だから音楽をつくる、と。また音楽で誰かを感動させることについて「それは……病気だよ。すごく恥ずかしいこと。誰かを動かしたいだなんて。音楽で…

『花とアリス殺人事件』とロトスコープ、岩井俊二監督に嫉妬するなど。

傷つけるつもりはないのに傷つけてしまい、他人を傷つけることによって自分も傷ついてしまう。にんげんって、そんなものではないかと思います。 誰かを傷つける行為にしても動機にしても、ほんの些細なことだったりして、あとから考えるとたいしたことではな…

「癒やし(healing)」とは何か【最新更新:2020.3.17】

この記事は不完全な状態で投稿して、随時、情報収集や学びによって更新します。したがって「進化する不完全なエントリ」です。ライフワークとして持続的に更新し続けるエントリをめざしています。内容ならびに目次構成は常に更新、変動いたしますので、ご了…

ただ寄り添うこと。

月曜日に、道端で右手を挙げて 不自然な体勢で立ち止まっている杖をついた お年寄りをみかけました。 「どうしました?大丈夫ですか?」 と話しかけたのだけれど、 「大丈夫、身体が固まってしまって」 と言われて若干ショックを受けつつ、 それは仕方ないな…

ブラームスはお好き?(モーツァルトは嫌いだけど)。

快晴と曇天を繰り返すような毎日です。天気がころころ変わる。昨日は早朝には風が強かったものの、昼間からぽかぽか陽気に変わり、布団がほかほかになりました。ところが、本日は一転して曇天。東京の早朝の気温は6度でした。春はまだ先のようです。 ■ とこ…

「使い倒す」をはじめよう。

朝起きて窓の外をみたところ、真っ赤な朝焼けだったので「これはすごい!」と写真を撮りに半纏(はんてん)を着たまま、近くの空観察スポットまで歩いてiPhoneで写真を撮ってきました。お散歩中のおじいさんも立ち止まって空を見ていたっけ。 おはようござい…

雑感のパズル。コンビニとか、ペンギンとか。

先日、朝起きて部屋がびみょうに違うなあ、何かが足りないぞ? と思ったら、前日の夜にアコギ弾き語りを録音しようとして、壁掛け時計を外したままでした。ZOOM H4n Proというそれほど高価ではないけれど、高性能なICレコーダーを購入したので。 いつもは聞…

アフィリエイターとブロガー、広告と販売促進を考察。

東京人でありながら、ときどき大手町や丸の内、汐留のあたりに出向くとびっくりします。まるでトレンディなドラマのような、オシャレなビジネス街がそこにある。 地下鉄の駅には、デジタルサイネージ(大きな液晶ディスプレイに動画の広告を表示させるもの)…